blog

2021/05/19 07:45

僕は、お店の経営を継ぐ話のときに、自分にできるかどうかではなく、やるかやらないかという判断だけをしました。
何かをやろうと思ったとき、可能性は無限なはずなのに、準備ができたらはじめよう。
今はタイミングじゃない。自分には無理じゃないか。まわりから反対される。など、
次々にやらない理由や言い訳ばかりを集めてきては「できるかどうか」の天秤にかけ、その結果、
できなそうだから「やらない」。
そんな経験誰しもがあると思います。

頭の中はノンストップで動き続ける“意味づけ製作所”みたいな感じで、だまっていても勝手に
おしゃべりをしてきて、過去の経験を、起きてもいない未来に投影したり、人からの言葉に勝手に
意味をつけてきたりと本当にやりたい放題で、その影響を受けてしまうと、無限の可能性の扉に鍵
をかけてしまい「やらない」という判断になってしまうのではないでしょうか?

できるかどうかではなく「やるか、やらんか」を覚悟を決めて選ぶだけで、フッと軽やかに心もカラダも動きだす。
覚悟って重そうに聞こえるのですが、自分自身を軽やかにしてくれるものではないのでしょうか。